24日、中国ではネットショッピングのトラブルが絶えず、商品が破損していたり違うものが送られてきたりと内容はさまざまで、このほど四川省達州市に住む男性はネットで「iPhone 6s」を買い痛い目に遭った。資料写真。

写真拡大

2016年3月24日、中国ではネットショッピングのトラブルが絶えず、商品が破損していたり違うものが送られてきたりと内容はさまざまで、このほど四川省達州市に住む男性はネットで「iPhone 6s」を買い痛い目に遭った。華西都市報が伝えた。

男性は先日、ネットの携帯電話販売店で「iPhone 6s」が1500元(約2万6000円)で販売されているのを見つけた。男性は販売先に連絡し商品を購入。商品はすぐに送られてきたが、中身は「iPhone 6s」ではなく、円盤状に焼いた大きなパンだった。

だまされたと分かった男性はすぐに警察に駆け込み事情を説明。男性は、「iPhone 6sの市場価格は5000元(約8万6000円)前後のため不審に思ったが、販売先は『端末に問題はなく、密輸品のため安くしている』と説明した。相手の言葉を信じてしまい1500元振り込んでしまった。商品を受け取った後すぐに販売先に連絡したが、連絡が取れなかった」と語った。警察は同事件の捜査を進めている。(翻訳・編集/内山)