23日、AFP通信は北朝鮮の祖国平和統一委員会が韓国の朴槿恵大統領に対する報復戦を始めると表明したと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月23日、AFP通信は北朝鮮の祖国平和統一委員会が韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する報復戦を始めると表明したと報じた。

朝鮮中央通信によると、祖国平和統一委員会は23日、米韓による合同軍事演習は北朝鮮に対する「忌むべき挑発」だと非難した。北朝鮮は韓国に対する報復戦を始めると表明し、韓国大統領府を「火の海と灰」にするなどと述べ、朴大統領と米国は「惨めな最後」を迎えることになると威嚇した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「彼のためにこの原稿を誰が書いたんだ?愚か者の演説に聞こえるよ」

「幼稚園児のお遊戯会のようだな」

「北朝鮮はずっと脅迫し続けている。朝鮮半島のこの状況は永遠に終わらない」

「北朝鮮の核施設や軍事施設などを爆撃すべきだ」

「こういった脅し文句のやりとりは惨めだと思う」

「オバマ大統領の次の訪問先は平壌だ」

「彼の首に何百万ドルもの懸賞金をかければ、問題は解決する」

「彼は素晴らしいユーモアのセンスを持っているに違いない。いつもみんなを大笑いさせてくれている」(翻訳・編集/蘆田)