三菱商事が最終赤字に転落へ…財閥解体後の54年の大合同以来初

ざっくり言うと

  • 三菱商事が16年3月期連結業績予想の最終利益を下方修正する見通しとなった
  • 従来予想の3000億円の黒字から一転して最終赤字に転落するとみられる
  • 赤字になるのは財閥解体後の1954年の大合同以来初めてのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング