19日、主演ドラマを撮影中の人気ユニットTFBOYSだが、ロケ現場までやって来るファンが周囲で大騒ぎするため撮影が進まず、監督やプロデューサーが「静かにしてほしい」と哀願している。写真はTFBOYS。

写真拡大

2016年3月19日、主演ドラマを撮影中の人気ユニットTFBOYSだが、ロケ現場までやって来るファンが周囲で大騒ぎするため撮影が進まず、監督やプロデューサーが「静かにしてほしい」と哀願している。新華網が伝えた。

【その他の写真】

中国の国民的アイドルで、絶大な人気を誇るTFBOYSは、平均年齢15歳の3人組ユニット。13年にデビューし、すでにその人気は中華圏全体へと拡大している。3人は現在、今夏に放送予定のドラマ「超少年密碼」を福建省アモイ市で撮影中。3人にとっては初めての主演ドラマとなる。しかし、ロケ現場に群がる大量のファンが発する叫び声やカメラのシャッター音などのせいで、撮影はなかなか予定通りに進まない状態となっている。

これに業を煮やして、ドラマを担当する台湾の女性監督チェン・フェンフェン(鄭芬芬)、さらに著名プロデューサーのペギー・ジャオ(焦雄屏)氏はメディアや中国版ツイッターを通じ、ファンに向けて「お願いだから静かにしてほしい」と哀願するはめに。しかし、何度メッセージを発しても受け入れるファンは少なく、関係者を悩ませている。(翻訳・編集/Mathilda)