23日、中国中央テレビによると、最近ネット上などで話題になった中国人観光客がタイのバイキングでエビを奪い合う動画は、2年前のものだったことがわかった。

写真拡大

2016年3月23日、中国中央テレビ(CCTV)によると、最近ネット上などで話題になった中国人観光客がタイのバイキングでエビを奪い合う動画は、2年前のものだったことがわかった。

中国のインターネット上で先日、中国人観光客がタイの海鮮バイキングでわれ先にとエビを奪い合ったり、取り皿をトレーに突っ込んですくいあげたりする「品のない姿」を映した動画が物議を醸し、中国の各メディアもこれを報じた。しかし、現地レストランを経営するキングパワー免税店はこのほど、この動画が2年ほど前に撮影されたものだと明かした。

同免税店によると、当時はちょうどタイ観光がピークを迎えていた時期で、大勢の中国人客が訪れていた。一部のツアー客は帰国の便の時間が迫っていたため、料理を奪い合ったり残したりすることになったという。また、「最近ではこのような状況は起きておらず、秩序は保たれている」としている。(翻訳・編集/北田)