ロカリサーチ、モバイル動画広告も簡単に作成できる動画配信プラットフォーム「SCENE(シーン)」を販売開始

写真拡大 (全4枚)

SCENEは、従来の動画配信プラットフォームのように、動画の自動エンコード、一般的な動画プレイヤーの作成、配信、効果測定ができるだけでなく、ウェブ画面上で誰でも簡単に、動画広告を含めた多様な動画フォーマットの作成ができます。

動画広告メニューを開発・販売する媒体や広告配信事業会社、オウンドメディアで動画マーケティングを実施する企業・広告主に向けて、月額5万円(初期費用無料)から販売するとのことです。

1. モバイル動画広告に対応

モバイルでの動画視聴体験を重視。
動画がユーザーのスクロールによりモバイルブラウザに50%以上表示された時点で自動再生される「インフィード型動画広告」の他、ニュース記事などの記事内や記事下で自動開閉される「インスクロール型動画広告」、現在増えてきている「縦型動画広告」の作成にも対応。

2. 簡単なUI

従来の動画広告・リッチメディア広告の作成ツールとは異なり、操作や設定項目の複雑さを排除。テンプレートを選択し、動画や画像などの素材を挿入、リンクURLなどを入力するだけで、簡単に、動画プレイヤーや動画広告の作成ができる。

3. 最新の効果指標の計測に対応

動画の視聴離脱秒数だけでなく、InView数(動画がブラウザの可視領域内に表示された回数)、InView時間(動画がブラウザの可視領域内に表示された時間)、さらに、間接コンバージョン数(動画が購買などの成果に間接的に貢献した数)を計測するなど、50を超える詳細な指標を、動画別、デバイス別、地域別など様々な角度から分析が可能。