22日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本製品ボイコットが日本経済に与える影響を過小評価すべきではないとする記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本製品不買を呼び掛けるスローガン。

写真拡大

2016年3月22日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本製品ボイコットが日本経済に与える影響を過小評価すべきではないとする記事を掲載した。

記事は、中国における日本製品不買運動は100年以上の歴史があると指摘。日中戦争時には日本製品ボイコットの機運が盛り上がったことを伝えた。その上で日本製品を販売する小さな商店が最後は倒産する内容の小説を紹介し、「この種のボイコットが中小産階級にとっては大きなダメージとなる」と主張。日本製品ボイコットをどう見るかについてはいまだに意見の相違があると論じた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「やっぱり日本製品不買は正しい」
「日本製品不買の堅持を支持する!」

「日本製品ボイコットはまず自分から始めよう」
「日本製品ボイコット!そしてレアアースの輸出を禁止しろ!」

「これを読んで感動した。日本ボイコットは中国人としての責任だ」
「今のこの国際情勢から見れば、日本製品を買うことは現代の売国奴になるといえると思う」

「日本旅行に行って爆買いする売国奴は帰ってくるな」
「日本製品をボイコットして日本を自滅に追い込もう!日本旅行に行かなければ日本は生き残れなくなる」

「日本製品をボイコットするなら、まずは金持ちに対して話すべき」
「国が日本製品を輸入しなければ買う機会もなくなるのに」(翻訳・編集/山中)