独断と偏見の「おかみさん番付」を大発表

写真拡大

 力士の奥さんは皆、便宜上「おかみさん」といわれるが、力士たちの間でのおかみさんは、部屋持ちの師匠の妻のことを指す。弟子の生活指導から部屋の広報対応、経理業務までこなし、その仕事は膨大かつ重要だ。

 まさに角界を縁の下で支えるスーパーウーマンともいうべき、おかみさんたちの素顔はどのようなものか。相撲を取材すること40年超の本誌が徹底調査。相撲と絡め、本邦初「おかみさん番付」を作成した。考課項目は以下の5点だ。

 まずは「部屋所属力士の成績」だ(昨年1年間と今年の初場所の7場所分)。力士が勝てるのは親方のみならずおかみさんの部屋運営が成功している証左でもある。

 次は「部屋の所帯の大きさ」。人数が多い部屋はそれだけ勢力があり、いい弟子が集まりやすいうえ、それだけおかみさんの切り盛りが上手だといえる。後援会組織が充実しているということでもある。

 そしておかみさんは1人の力士の妻である。「親方自身の戦績」も重要だろう。現役時代の夫をいかに支え、出世させたか。部屋を持ってからも、その内助の功はモノをいうはずだ。

 さらに「女将さんの経歴」にも注目したい。かつておかみさんになる女性として多かったのは、料亭や旅館、相撲茶屋関係者の娘だった。家族や本人が、おかみさんの激務を理解していたからだ(同じ理由でタニマチや親方の娘というケースも多かった)。しかし現在は自由恋愛が多い。本人の能力を測るには婚前の経歴も参考にすべきだろう。

 最後に「美貌」を中心とした角界での評判や、マスコミへの登場頻度など。これについては相撲の番記者や後援会関係者、協会関係者らの意見を元に検討した。

 これらの総合評価点が高い順に、本誌が独自に番付を組んだ。お断わりしておくが、本誌の独断と偏見に基づくものですので、あらかじめご了承ください。

 東の横綱に輝いたのは、伊勢ヶ濱部屋(元横綱・旭富士)おかみさんの淳子さん。横綱・日馬富士、大関・照ノ富士、幕内・安美錦など関取5人を含む26人を擁する大所帯で、昨年初場所から2回の優勝と4回の三賞を獲得してきた。

 親方とは大関時代に結婚。旭富士は横綱に昇進、引退後に独立して安治川部屋を開く。その後伊勢ヶ濱名跡を取得。現在は協会理事としての重責を担う。

「淳子さんは、元・春日山親方(元前頭・大昇)の姪。出稽古に行った際、淳子さんに旭富士が一目惚れしたそうです。白百合女子大出身で、当時は銀座の画廊に勤務していた。日馬富士や照ノ富士の昇進伝達式での口上も、おかみさんが考えたといわれています」(後援会関係者)

 西の横綱は貴乃花部屋の景子さん。フジテレビアナウンサー時代も、面倒見の良さと仕切りの能力の高さが評判だったという。

「貴乃花親方を次期理事長候補に押し上げたのも、景子さんの力が大きい。大阪場所担当時代は『和装day』やサイン会を発案しましたが、それら細かいファンサービスは景子さんの女性目線ならではのアドバイスがあったといわれます。また、後援会ではなくサポーター制度を導入したのも景子さんのアイデアだったといわれます。貴乃花親方が思い切った協会改革が打ち出せるのも、おかみさんあってのことなんですよ」(スポーツ紙相撲担当記者)

 三役に並ぶ部屋は、親方の実績が輝かしいものから、部屋の弟子たちの成績が優れているものまで様々。東の大関は九重部屋の久美子さん、西の大関は尾車部屋の史枝さん、東の関脇は佐渡ヶ嶽部屋の真千子さん、西の関脇は高砂部屋の恵さん、東の小結は木瀬部屋のゆかりさん、西の小結は二所ノ関部屋のみづえさん。おかみさんの経歴もモデル(九重部屋)、CA(尾車部屋)、歌手(二所ノ関部屋)と百花繚乱だ。

 東の前頭6枚目、湊部屋の真さんは現役の医師。

「埼玉医大大学院に在学中、病院に見舞いに来た湊富士と出会い、2001年に結婚。現在は老人ホーム併設のクリニックの院長とおかみさんを兼業している。部屋の専属ドクターとして力士の体調管理にあたり、逸ノ城にマッサージした際に、帯状疱疹を見つけたこともある。一昨年、新入幕で見せた逸ノ城の快進撃の立役者の1人」(後援会関係者)

 変わり種といえば、西の前頭5枚目、浅香山部屋の充子さんは元女子プロレスラー。魁皇の現役時代に相撲記者の紹介で知り合い、結婚した。

「引退間近の魁皇は治療やリハビリ漬けの毎日。そんな中、格闘技出身の充子さんのアドバイスが役立った。おかみさんになってからもその経験は活き、親方と二人三脚で部屋を盛り立てています」(別の相撲担当記者)

 東の前頭1枚目、阿武松部屋(元関脇・益荒雄)のおかみさんは元プロゴルファー。力士会のコンペのゲストに招かれた久子さんが、初心者の益荒雄を優しく手ほどきして意気投合したのだそうだ。

「独立当時は5人の弟子でスタートしました。久子さんはゴルフを封印しておかみさん業に専念、不調時や稽古中の心構えなど、女子プロ時代の話をして弟子を励まし、今は幕内と十両の力士を出しています」(後援会関係者)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号