BMWの発表によると、MINIロールス・ロイスを含むグループの2月世界販売台数が前年同月比+7.9%増の16.4万台となり、月間販売記録を更新したそうです。

1

内訳はBMWが14.3万台(+9.1%)、MINIが2万台(+0.3%)。

(出展 BMW Japan)

また、年初からの累計販売台数は前年同期比+7.7%増の31.7万台で、内訳はBMWが27.7万台(+8.3%)、MINIが3.9万台(+4.1%)となっています。

販売地域別では本国の欧州が13.4万台(+11.4%)と伸びている反面、米国は4.7万台(-8.7%減)の状況。

アジアでは中国が8万台(+12.7%)、韓国が0.9万台(+13.3%)、日本が0.9万台(+15%)などとなっており、地域全体では11.3万台(+12.1%)と好調。

車種別では1シリーズが2.4万台(+14.3%)、2シリーズが1.7万台、7シリーズが0.6万台(+21.6%)、X1が2.9万台(+59.6%)、X3が2.3万台(+16.8%)、X6が0.7万台(+20.3%)、MINIが3.9万台(+4.1%)の状況。

世界的なSUV人気からXシリーズの伸びが際立っており、中でも新型X1の好調な出足が目立ちます。

またMINIでは5ドアモデルが1.1万台(+29.5%)を販売、同シリーズを牽引している状況。

同社の販売担当責任者であるイアン・ロバートソン取締役は「創立100周年を迎えるにあたり、販売が持続的に伸び続けていることを喜ばしく思う」とコメントしています。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

【動画】新型BMW 7シリーズの「HUD」はココが進化!
http://clicccar.com/2016/02/17/354488/

BMWグループの世界販売、2月に16万台超えの新記録!(http://clicccar.com/2016/03/24/361724/)