FW宇佐美貴史、ハリルホジッチの「我慢して使う」発言に…「嫌でも使わないといけなくなるように」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は23日、24日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を実施した。

▽最終日の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたFW宇佐美貴史(ガンバ大阪)は、代表メンバー発表会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督から「我慢して使い続ける」と言われたことについて問われると、「使わざるを得ないというか、嫌でも使わないとみたいになるぐらいまで、結果なり、プレーのインパクトなり、成長度を示したい」と闘志を燃やした。

◆FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)

──監督が(明日のアフガニスタン戦で)組織を変えると話していたが

「試合の前日なので具体的な内容を話せないが、少し変わると思う。何が変わるとはあまり言えないが、少しっていうか、だいぶ変わる。結構」

──個人的に監督から言われたことはあるか

「いや、僕はもうこの前の国内合宿で、一対一で話をしたし、そこから新たにっていうことはない」

──監督が(メンバー発表会見で)「我慢して使い続ける」と言っていたが

「そういう中で結果を残して、我慢する必要がなくなるように、使わざるを得ないというか、嫌でも使わないとみたいになるぐらいまで、結果なり、プレーのインパクトなり、成長度を示したい。直接コミュニケーションを取りにいきつつ、プレーでも主張が必要になってくる」

──FW本田圭佑(ミラン/イタリア)、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)の先発起用を控えると示唆していたが

「出番があれば、しっかり自分らしいプレーをしたい。どういう役割であれ、どういう状況でもプレーで主張を表現できるようにしていきたいと思う」

──これまで先発でゴールがないが

「もちろん、スタートから点をとって、スタートから結果を出していくっていうのが選手としてベスト。そういう形を目指していきたいと思う」