23日、中国のインターネット上でおもちゃの車にぶつかられた女性の動画が話題になっている。

写真拡大

2016年3月23日、中国のポータルサイト・網易によると、インターネット上でおもちゃの車にぶつかられた女性の動画が話題になっている。

動画には、ぶつかった瞬間は映っていないが、50〜60歳とみられる女性がおもちゃの車の前に座り込んでいるのがわかる。車は子どもが1人乗れる程度の大きさのおもちゃで、2〜3歳の女児が乗って遊んでいたところ、誤って女性にぶつかってしまったようだ。女性は地面に座ったまま、立ち上がろうとしない。

中国では、車や自転車に故意にぶつかって治療費や慰謝料を請求するいわゆる「当たり屋」事件が頻発している。今回のケースもそれに該当するかは定かではないが、たとえぶつかられたとしても、立ち上がれないほどの大きなけがをするとは普通では考えにくい。また、女性はどこかを痛がるようなそぶりも見せていない。

この動画に、ネットユーザーからは、「道徳も何もあったもんじゃない。金のためなら何でもするのか」「リスクゼロの当たり屋だな」「恥という概念がないのか」「当たり屋行為をしたやつは公共の場所から出入り禁止にしてほしい。危険でしょうがない」といった批判がある一方、「完全に当たり屋と決めつけるのもどうかと思う」「知人はおもちゃの車をぶつけられて、大きなあざができた。おもちゃだからってばかにできないぞ」「病院に行って検査すればいい。けがしてるんなら治療費を請求して、してなかったら検査費を請求してそれで終わりじゃないか。子どもが間違ってぶつけたんだから、検査費くらい負担すればいいだろう」といった意見もあり、意見が分かれている。(翻訳・編集/北田)