23日、検察日報によると、中国湖南省の飲食店経営者が客に提供するワンタンに鉱物を混ぜていた問題で、現地裁判所は懲役7カ月、罰金2万元を言い渡した。写真はワンタン。

写真拡大

2016年3月23日、検察日報によると、中国湖南省の飲食店経営者が客に提供するワンタンに鉱物を混ぜていた問題で、現地裁判所は「有毒、有害食品を生産、販売した」として懲役7カ月、罰金2万元(約35万円)を言い渡した。

この経営者は14年5月、同省常徳市漢寿県に店を構え、自身で作ったワンタンや油条(中国式揚げパン)などの朝食メニューを客に販売していたが、当局による立ち入り調査で作業場に正体不明の粉が保管されていることが判明。不審に思った当局がサンプリング検査を行ったところ、ワンタンの皮にホウ砂と呼ばれる鉱物の一種が混ぜられていることが明らかになった。含有量は皮1キロ当たり8700ミリグラムだった。

ホウ砂を混ぜた理由について、経営者は「もっちりとした食感を出すため」と説明しているが、この物質は中国当局が食品添加を禁止している非食用原料だ。ホウ砂が混じった食品を人が摂取した場合、食欲減退や消化不良などの症状が出ることがあり、時には意識不明に陥るケースもあるという。(翻訳・編集/野谷)