(写真左から)黒崎真音さん、NTTドコモ プラットフォームビジネス推進部の田中伸明担当部長

写真拡大

NTTドコモはアニメ見放題サービス「dアニメストア」のサービスを2016年3月23日から拡充する。アニソンミュージッククリップの提供をはじめ、アニメ専門店チェーン「アニメイト」と提携し、作品ごとに関連グッズを販売する。

対応ブラウザソフトも増えた。HTML5プレイヤーの導入によって、Google Chrome(グーグル クローム)とMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)もプラグインなしでPC視聴できる。通信環境に合わせた画質の自動調整機能も付いた。機能とコンテンツが拡充される一方で、月額料金の400円(税別)は据え置かれる。

新コンセプトは「見て・聴いて・買える」

dアニメストアは、作品数が約1600、話数が約2万9000と、定額制アニメ見放題サービの中では日本最大のコンテンツ数を誇る。スマホだけでなくPCやテレビ、タブレットに対応した「マルチデバイス」で、ドコモ契約者以外も加入できるのが売りだ。

15年度にテレビ放映されたアニメのうち139作品を配信しており、リアルタイム放送の少ない「アニメ過疎地」のアニメファンからとくに重宝されている。「2.5次元舞台映像」といって漫画・アニメ・ゲームの世界を舞台化した映像や、アニソンライブ映像の配信も行われている。

東京都内で行われた記者説明会では、NTTドコモのプラットフォームビジネス推進部、田中伸明部長が登壇した。dアニメストアの新コンセプトについて田中部長は、次のキャッチフレーズを打ち出した。

「『見て・聴いて・買える』dアニメストア」

一つのアニメ作品には、主題歌のほかキャラソンや挿入歌、サウンドトラックなど数十の関連楽曲が存在している。配信中のアニメ作品に関連するアニソンミュージッククリップを追加することで、dアニメストアは「聴きたい」というニーズに応えた。サービス開始時にラインナップしたのは180曲。アーティスト映像やテロップ非表示のアニメ映像、オリジナルコンテンツで構成される。徐々に提供点数を増やしていくという。今夏頃には、バックグラウンド再生やプレイリスト再生などの機能が追加される予定だ。

「買う」は、作品ページで人気のグッズを紹介し、「アニメイトオンラインショップ」に行くと、簡単に購入できる機能だ。オープン記念キャンペーンとして、抽選で1万5000人にアニメイトで使える1000円分のクーポンをプレゼントする。対象者はdアニメストア会員に限られ、期間は4月25日まで。

黒崎真音「『おそ松さん』にハマったキッカケはdアニメストア」

新サービスの概要説明と質疑応答に続き、歌手の黒崎真音さんを招いてトークセッションが催された。彼女のライブ映像は同ストアで配信されている。普段から本サービスを楽しんでいるそうで、意外なエピソードを披露した。

「『おそ松さん』にハマるきっかけをいただいたのも、dアニメストアさんだったんですよ。『人気のアニメランキング』で気になるなと思っていて。見てみたら、あっという間にハマりまして。そこから大ファンになってしまいました」
「推し松は『十四松』でございます」(編集部注:六つ子の五男で、異常に明るい)

イラストが特技という黒崎さんは、新サービスの要素を4枚のカラフルな絵で表現。披露された絵にはかわいいイカのキャラクターが描かれ、その上に次のメッセージが書かれていた。

「見放題っ!!」
「音楽も聴き放題」
「アニメグッズも買えちゃうんです!!」
「君はもうdアニメストアなしじゃ生きれない...」

質問コーナーで黒崎さんは「とくにNGなどはありませんので」と報道陣に話しかけ、サービス精神旺盛なところを見せた。実際の男性の好みについて聞かれると、「十四松のような男性が実際にいたら、好きになってしまう」と答えた。

「(十四松は)日常のイヤなこととかを全部拭き取ってくれるような、明るい性格をちょっと超えた、ちょっとオバカなところが癒されるなと思って。実際そういう方がいらっしゃったら、癒されて好きになってしまうと思います」