【アニ飯】カリオストロの城に登場する通称「カリオストロパスタ」に挑戦

写真拡大

1979年に宮崎駿監督の初監督作品として公開された『ルパン三世 カリオストロの城』。その作中に登場する、次元とルパンが必死でがっついているミートボールのスパゲティってとっても美味しそうじゃないですか?

【関連:あの花めんまの大好物「かき玉塩ラーメン」完全再現に挑戦したら、じんたんの思いやりが見えてきた】

カリオストロパスタ

宮崎駿作品は登場人物が食べているものがどれもこれも美味しそうだと話題になりますが、中でもこのパスタは見ているだけでお腹がぐうっと鳴ってしまうほど食欲をそそりますよね。ネットでも作ってみたレシピが散見し、つい先日もTwitterユーザーはちくじさん(@braveclown_th)のレシピが美味しそうだと評判になっていました。

アニメファンならば誰しも一度は口にしたい「カリオストロパスタ」。『はじめ人間ギャートルズ』の肉に並ぶ、永遠の憧れ……。
これは是が非でもつくってみなければ……、ということではちくじさんのレシピを元に再現してみました。(本稿ははちくじさんに許可を得て、レシピ再現を行っています。)

■材料

3人分の材料

・3人分の材料

▼肉団子(20個分)

豚ひき肉……400g
玉ねぎ……1個
パン粉……大さじ4
牛乳……大さじ6

▼トマトソース

トマト缶……400ml 2缶
ニンニク……2カケラ
牛乳……約200ml
砂糖……大さじ2

▼パスタ
乾燥パスタ……400g

※今回は試食人数の関係で1.5人分〜2人分だけつくりました。

■つくり方

1:みじん切りにした玉ねぎを炒める。炒めたら冷ます。

2:豚ひき肉、パン粉、牛乳、塩胡椒を混ぜる。

3:1と2を混ぜて団子にする。

1と2を混ぜる

4:フライパンに油を引いてニンニクを炒めたら団子を投入し火が通るまでコロコロしながら焼く。

コロコロしながら焼く

5:4にトマト缶を投入し、牛乳と砂糖を加えてしばらく煮込む。

4にトマト缶を投入し、牛乳と砂糖を加えてしばらく煮込む。

6:5に茹でたパスタを投入したらできあがり。

パスタを入れる

■味は?

『ルパン三世 カリオストロの城』はイタリア中部のアドリア海側マルケ州にあるサンレオという町が舞台になっています。断崖絶壁の上に建つサンレオ城はカリオストロ伯爵が最後を迎えた城として「見たことある!」となる人は多いのではないでしょうか。

そんなイタリア中部でよくつくられているパスタはラグーソースという魚や肉をコトコトと煮込んだものなんですって。つまり、このミートボールのパスタはトマトソースでミートボールを煮込んでいるので舞台となった地方でもよく食べられているかもしれませんね。

通称「カリオストロパスタ」再現に本気で挑戦

お味は、牛乳のおかげで優しく酸味が柔らかになっており、お子様たちもたくさん食べれちゃうようなミートソースです。好みによっては塩こしょうを途中で入れてもいいかもしれません。
そして、このミートボールのパスタが登場したシーンを見ていたら、テーブルにはフィアスコボトルという同じくイタリアにあるトスカーナ州で多く飲まれている赤ワイン「キャンティ」の藁に包まれた独特なボトルがあるじゃないですか。

もちろん、これを合わせないわけにはいけませんよね! ってことでサンジョベーゼという品種でつくられたこのキャンティを合わせてみたら、もう最高にカリオストロ気分になれましたよ! 

かなり簡単でさくっとつくれてしまう上、お腹もいっぱいになれるので、ルパンファンならずお腹が空いてしょうがない食いしん坊の人はぜひつくってみてくださいね!

ささっと作れてお腹いっぱい!

(文:貴崎ダリア)