保存版!入浴剤の代わりに入れるアイテムまとめ!

写真拡大

まだまだ寒いこんな季節は、湯船にザブ〜ンと浸かるだけで身も心も温かくなりますよね。女性はお風呂好きが多いせいか、お風呂のお供にこだわる人も多いよう。そこで今回は、わざわざ入浴剤を買わなくてもOKの、家にある“あんなもの”や“こんなもの”を入れるだけで十分に効果が期待できる入浴グッズを主婦100人に教えてもらいました!
柑橘系の香りでリラックス!「柚子」とお風呂の相性は抜群♪
・「定番だけど柚子です。良い香りだし、ぷかぷか湯船に浮かべているだけで子どもも喜んでいます」(30代女性・専業主婦)

­

・「柚子がいい。匂いもいいし、少し絞って入ると幸せな気持ちになる」(30代女性・専業主婦)

­

・「冬至じゃなくても、柚子をよく入れます。柑橘系はバスタイムの癒し効果をUPさせてくれる気がします」(40代女性・専業主婦)

­

大人気の柚子はもちろん、グレープフルーツやレモンなど、お家に余っている柑橘系の果物を少し絞るだけで、とってもいい香りに包まれ、いつものお風呂が一変! 食べ終わった皮をネットなどに入れて一緒に浸かるのも◎。
食べた分だけお風呂に入れる♪「みかんの皮」をリサイクル!
・「みかんの皮を干してお風呂に入れます。とってもいい香りがしてリラックスできます」(30代女性・専業主婦)

­

・「祖母がみかんの皮をカリカリに干したものを、よくお風呂に入れていました」(20代女性・専業主婦)

­

・「寒い季節は、買いすぎてカスカスになってしまったみかんをお風呂に入れています」(30代女性・専業主婦)

­

箱で買って家族中で食べることが多いみかんは、食べたそばから皮を乾燥させて、どんどんお風呂にリサイクルしちゃいましょう!美容効果も期待できますよ♪
ちょっともったいない?「日本酒」でお肌つるつるに♪
・「お酒が飲めないので、頂きものの日本酒をお風呂に入れてみたところ、肌がツルツルになってよかったです」(30代女性・専業主婦)

­

・「日本酒です。身体が温まるし、肌がツルツルになるのでオススメです。長澤まさみもやっているらしい」(40代女性・専業主婦)

­

・「粗塩と日本酒を湯船に入れると汗がよく出る気がするし、肌がすべすべになる」(50代女性・専業主婦)

­

日本酒に含まれる「コウジ酸」や「フェルラ酸」は美容効果が抜群のよう。さらに、日本酒風呂に浸ると、血行促進作用もあるようで、体内の老廃物の排除なんていう効果も期待できるとのこと! これは試してみる価値ありですね。
余っている「重曹」をお風呂にたっぷり!
・「断然、重曹です。お風呂のお湯がまろやかになり、肌がスベスベに。それに、お風呂も排水口もきれいになるし、一石二鳥です!」(20代女性・専業主婦)

­

・「重曹と粗塩です。放射能の除染目的で入れていますが、効果はそれだけじゃなく、身体が内側からポカポカ温まりますよ」(40代女性・専業主婦)

­

・「重曹と天然塩です。重曹はアルカリ性なのでお肌のつるつる感が増しますし、塩は保温効果が高いので、入浴剤と同等の効果を得られます。香りが欲しいときには精油を加えます」(40代女性・専業主婦)

­

重曹に含まれている炭酸水素ナトリウムは、アルカリ性の天然温泉にも含まれている成分なんですよ! それに、重曹はお掃除にも最適なものだから、入った後に浴槽がきれいになっている!なんて副産物も♪
ミルキーな「牛乳」でもっちりお肌に!
・「牛乳です。お肌がスベスベになるし、もっちりとした弾力のあるお肌になれます」(20代女性・専業主婦)

­

・「牛乳を入れます。想像しているよりもミルク臭くないし、とても温まります」(50代女性・専業主婦)