資料写真

写真拡大

(台南 23日 中央社)台南市衛生局は22日、発熱などの症状を訴えていた同市安南区の男性(63)について、デング熱への感染が確認されたと発表した。最近の海外渡航歴がないことから、台湾で感染したとみられ、同局では注意を呼びかけている。

永康区でも1人に感染の疑いがあるとしている。

同市では昨年からデング熱が流行。沈静化した今年2月15日までに2万2000人以上が感染し、112人が死亡した。今年は新たな患者が発生する時期が昨年と比べ約2カ月早いことから、同局では再び流行する可能性を示唆している。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)