ぐちゃぐちゃな写真フォルダを人工知能が整理する、アドビの新ツール

写真拡大

膨大な写真を管理するのに、人工知能が果たす役割は大きい。アドビが同社カンファレンスで紹介した「Smart Tags」は、機械学習のアルゴリズムを搭載し、コンテクストに沿ったタグづけをしてくれるという。そのツールは有能なるアシスタントとなるか。

「ぐちゃぐちゃな写真フォルダを人工知能が整理する、アドビの新ツール」の写真・リンク付きの記事はこちら

あなたが家具店の広告キャンペーンでデザイナーを務めているとしよう。そのキャンペーンでの展開は、デスクトップPC向けの広告もあればEメールのニュースレターもあるだろう。同時に、タブレットやスマートフォン上での掲載も必要だ。異なるデヴァイスには異なる写真が必要になり、1つのキャンペーンのはずが、同時に4つのキャンペーンをつくるのにほぼ等しくなる。

“スクリーン”(とスクリーンサイズ)が急増するにつれ、こうした問題が次第に増えている。ラスヴェガスで開催されたマーケティングカンファレンスで、アドビが発表した多くの新機能は、特にブランディングやマーケティングの仕事をする人にとって、救いを与えるものだ。その機能、「Smart Tags」は、画像認識のソフトウェアを使い、自動的に写真のキーワードを作成するサーヴィスだ。

「人々はますます忙しく、そして、わたしたちの前にある写真コレクションはますます膨大になっていきます」と、アドビの上級主任科学者、ジョン・ブラントは語る。「完全に手動のプロセスでキーワードやタグを適用するのは、実用的ではありません」

この話は、企業のためにキャンペーンを生み出すマーケティング担当者やブランディング代理店に特にあてはまる。

「わたしたちは、マーケティング担当者が生み出していかなければならないコンテンツの量に遅れないようについていこうと奮闘していることに気づいています」と、アドビの戦略・プロダクトマーケティングのシニアディレクター、ロニ・スタークは語る。

Smart Tagsはそういった作業のうち、いくらかを迅速に処理しうるツールだ。例えば、あなたがエッフェル塔の写真を持っているとしよう。それを整理しようと、あなたは「建築」「歴史的建造物」、そしてもちろん、「エッフェル塔」といったタグを追加するだろう。

アドビがわれわれに見せてくれたデモでは、Smart Tagsが画像を評価して、自動的にそれらのタグを追加していた。Smart Tagsはコンテクストについても理解できるため、「パリ」や「フランス」といったタグもキーワードリストに含まれることになる。

クラウドベースのこのサーヴィスは、アドビのコンテンツ管理システム『Experience Manager』の一部として利用できる。写真をSmart Tagsのレポジトリにアップロードすれば、アドビの画像認識ソフトウェアがピクセルを分析し、写真と一緒に保存されるキーワードリストを生み出せる。

ブラントとスタークいわく、システムには機械学習のアルゴリズムも適用されているため、Smart Tagsは「ビジネス」「ライフスタイル」「お祝い」といった、より微妙なキーワードを考えつけるという。

利用可能な10万個のタグには、季節を特定する「夏」や「冬」のようなタグも含まれている。これらのキーワードはすべて、検索機能を通じ、すぐに利用できる。うまくいけばブラントが「マーケティング担当者にとっての画像のブラックホール」とよぶものを、スムーズに渡り歩ける画像ファイル集へと変えることだろう。そう、たとえあなたが、どれだけ多くの写真を持っていようとも。