写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コルグは、FM(周波数変調)音源の代表的なシンセサイザーのサウンド・エンジンを完全再現した3ボイスの小型デジタルFMシンセサイザー 「volca fm」を発表した。3月下旬発売予定。

同製品は、複数のパラメーターがあらかじめアサインされた「MODULATOR」「CARRIER」ノブなど、独自のユーザーインタフェースを採用。これにより、FM音源の理論を知らずとも誰でも簡単に特長的なFMサウンド作りが可能ということだ。

また、内蔵16ステップ・シーケンサーは、WARP ACTIVE STEPやPATTERN CHAINなどの機能を備え、強烈なリズム・パターンを手軽に作り出せる。さらに、同社グルーヴ・マシンと手軽に接続できるシンク端子、およびMIDI IN端子も搭載する。

なお、6オペレーター、32アルゴリズムによる完全な互換性を備え、ヤマハDX7の音色フォーマットであるSYS-EX/SYXファイルを取り込んで活用することも可能なほか、パラメーター・リスト・カードがガイドとして付属する。

(内山秀樹)