写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ニュース通信社は、雑誌TVBros.にて行われている連載のMOOK本「超玩具発想法 ザリガニワークスのスーパートイ工房」を発売する。発売日は3月31日。価格は1,620円。

同書籍は、連載を開始して6年目に入った「ザリガニワークスのスーパートイ工房」を単行本化したもの。同連載は、2010年7月にTV Bros.でスタートした、"日常を遊ぶ"をテーマに、生活の中で何の気なしに使っている文房具や日用品、季節行事や風物詩などを、遊べる玩具にしてしまおうという広角的なモノづくり連載。グッドデザイン賞を受賞した「コレジャナイロボ」や、アニメ「石膏ボーイズ」など、これまで数々の魅力的なコンテンツを生み出してきたザリガニワークスによるもので、"企画とは、面白くて楽しくてワクワクするものであること"という彼らが作り下ろした玩具が発表されてきた。

2015年10月には連載100回を迎えた同連載だが、書籍では連載当時は白黒掲載だった作品写真が今回のために撮りおろされ、過去に製作された「スーパートイ」50個全てがオールカラーにて掲載される。さらに、今だから言える作者コメント、編集者コメント、連載中でのコラム50本、ライバルAR三兄弟・川田氏との対談なども掲載されるということだ。

また、同書籍の発売を記念して、連載にて制作した「スーパートイ」の実物を展示する「超玩具発想法 ザリガニワークスのスーパートイ工房」出版記念展が東京都・勝どきの@btfギャラリーにて開催される。会期は4月2日〜4月10日(4日・5日は休館日)。開場時間は平日11:00〜17:30、土日11:00〜19:00。入場無料。同展では、50個全ての作品と掲載時の記事を観ることができるほか、物販コーナー、トークショーなども予定されている。

(シマダマヨ)