決して順調な滑り出しとは言えなかった。

 浦和レッズは今季、AFCチャンピオンズリーグ初戦のオーストラリア・シドニーFC戦(2−0)、Jリーグ開幕戦の柏レイソル戦(2−1)と連勝したものの、ACL2戦目の韓国・浦項戦(0−1)と、Jリーグ第2節のジュビロ磐田戦(1−2)では立て続けに苦杯をなめた。シドニーFC戦、レイソル戦も勝ったとはいえ、内容は今ひとつだった。

 原因は、指揮官の思い切った"改革"にある。ここ数年、不動のユニットとなっていた3バックにメスを入れたのだ。とりわけ目を引いたのは、これまで3バックの左が定位置だった槙野智章のリベロ起用である。

 槙野は、地上戦においても、空中戦においても、安定した強さを誇る。Jリーグではトップレベルのディフェンダーと言っていいだろう。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、その槙野を最終ラインの要、中央に配置することで、懸念材料となっていた守備力の向上を図った。だが、この配置転換が少なからず問題を引き起こすことになった。

 槙野本人のパフォーマンスは悪くなかった。左ストッパーからリベロに移っても、1対1の強さは相変わらず際立っていた。また、もともとチームを引っ張っていくキャラクターだったこともあって、周囲とうまくコミュニケーションを取りながら、ラインコントロールも率先して行なっていた。リベロから繰り出されるロングフィードも、レッズの重要な攻め手のひとつだが、そのキックの精度も高かった。リベロとしての役割を、槙野はそつなくこなしていた。

 問題は、槙野を中央に据えたことで、失うものが大きかったことだ。それは、槙野の局面打開力である。

 レッズの攻撃では、左右のストッパーがサイドバック化して攻め上がるオプションが重要な役割を果たしている。その際のアクションにはいくつかのパターンがあるが、相手と正対してドリブルで勝負できるDF、つまり個人で状況を打開できるDFは槙野ただひとりだった。その唯一の人材を中央のビルドアップ要員として使ってしまったことで、レッズは左サイドアタックという大事な攻め手をなくしてしまったのだ。

 さらに、槙野に代わる左ストッパーとして、昨季まで右のストッパーだった森脇良太を起用したことが問題を大きくしてしまった。

 森脇も槙野と同じく攻撃に特徴のある選手だが、ふたりには大きな違いがある。それは、相手を誘い込むようなボールキープ、すなわち「敵にボールをさらすこと」が、森脇にはできないということだ。そういうタイプは、対峙する相手よりも遠いほうの足にボールを置くことでしか、安定してボールを保持することができない。

 それでも、森脇が右サイドで使われている分には、それがさしたる問題にはならなかった。基本的に相手からのプレッシャーは、森脇から見て左から受けることがほとんどで、右利きの森脇は相手より遠い右足でボールを扱って、左腕を盾のように使いながら、そのプレッシャーをかわすことができるからだ。

 ボールをキープする際も、右サイドであれば相手ゴール方向を見てボールを持ち運ぶことができる。たとえ相手が強引に足を出してきてボールを突っつかれたとしても、ボールはタッチライン側に転がっていくので、その後、一転して危険な場面を迎える、ということも少なかった。が、左サイドとなると、まったくの別世界となる。

 左腕で相手をスクリーンしながら右足でボールを保持しようとすると、顔は必然的に自陣に向くようになる。その体の向きでは、同サイドへの前方のパスや、中央へのくさびのパスなど、出せるはずがない。結果、左サイドで起用された森脇は、相手に背中を向けるばかりで、バックパスを繰り返すシーンが増えた。

 右サイドでプレーしていた森脇は、前線への鋭い縦パス、精度の高いアーリークロスなどで、攻撃のスイッチを入れる貴重な存在だった。しかし、その森脇を右から左にコンバートしたことで、元来チームが装備していた右サイドの攻撃力を失ってしまった。しかも、新たな職場となった左サイドでは攻撃の起点になれず、無駄な"交通渋滞"を生み出すはめになった。この配置転換は森脇の長所を消し、短所を際立たせる結果となった。

 指揮官の"改革"は明らかに過ちだった。だが、さすがにそんな状況を、指揮官も放っておくことはなかった。ジュビロ戦の後半から、右に森脇、左に槙野という昨季までの形に戻して、第3節のアビスパ福岡戦(2−0)以降は最初からその陣容で臨んだ。

 そのうえで、リベロの位置には、今季湘南ベルマーレから加入した遠藤航を抜擢。これが功を奏した。

 レッズ加入後、最初の出番は今季初戦のシドニーFC戦の後半だった。そのときは、ボランチでの出場だったが、ポジショニングに長(た)けた遠藤は、高いボール奪取能力をいきなり見せつけていた。

 U−23日本代表の主将としてリオ五輪最終予選に挑んでいた遠藤は、チームに合流してまだ間もない。ほんの1カ月程度一緒にプレーしただけだが、そんなことはまったく感じさせないほど、チームに溶け込んでおり、リベロのポジションにもすんなりと順応している。

 ボランチを含めた守備陣の中では一番若いが、早くもDFラインを統率し、ディフェンスリーダー然とした存在感を示している。「ラインコントロールは、自分の武器」(遠藤)と言って、胸を張るだけのことはある。

 遠藤は身長178cmと、高さ勝負には不安があったものの、それも杞憂に終わりそうだ。空中戦には定評があるアビスパのFWウェリントンと対峙しても、無難に対応。危ないシーンは1回くらいしか作らせなかった。ACL第3戦、中国の強豪・広州恒大(2−2)との対戦でも、破壊力のあるFWリカルド・グランとFWジャクソン・マルティネスの個人技に苦しむ場面はあったものの、90分を通してみれば、遠藤を中央に据えた守備陣は安定感を保って、チームに反撃の機会をもたらした。

 右に森脇、左に槙野、そして真ん中に遠藤という3バックに固定してから、レッズのパフォーマンスは向上している。左右からの攻撃も、昨季までのスムーズさと迫力を取り戻し始めた。キャンプから試行錯誤を繰り返した3バックの構成は、結果的に昨季までの流れを踏襲することになったが、遠藤という新たな力が加わって確実にバージョンアップされた。

 土台がしっかりしていれば、その上に建つ家の強度は高くなる。守備陣がこれまで以上のパフォーマンスを発揮して安定感を増せば、Jリーグでも、アジアの舞台においても、レッズはさらなる輝きを放つに違いない。足りなかった「ピース」が埋まった今、悲願達成への期待も膨らむ。

神谷正明●文 text by Kamiya Masasaki