ドナルド・トランプも思いのままにできるツール(動画あり)

写真拡大

動画を操作して、自分の言いたいことを他人の口から言わせることができるようになった。「話している人の表情」を別の人物に「リアルタイムでコピー」できるソフトウェアを動画で紹介。

顔認識、それに関連する技術の進歩により、いまや自分の言いたいことを、他人の口から言わせることができるようになった。

「ドナルド・トランプも思いのままにできるツール(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドイツにあるマックス・プランク情報科学研究所とドイツのエアランゲン=ニュルンベルク大学、スタンフォード大学が協力して開発したソフトウェア「Face2Face」は、話している人物の表情をリアルタイムで再現し、別の人物の顔にマッピングすることができる。つまり、好きな人物に好きなことを言わせることができるのだ。

研究とともに発表された動画(冒頭に掲載)には、このシステムを使って表情をリアルタイムでYouTube動画に再現する様子が公開されている。アクターがウェブカメラに向かって話すと、その表情と発話内容を、ジョージ・W・ブッシュ元米国大統領や、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、米国大統領選候補者のドナルド・トランプ、バラク・オバマ米国大統領がコピーする。

このシステムは、市販のウェブカメラと表情追跡ソフトウェア、真似させたい人物を事前に録画した動画データ、元の動画データを変形させるソフトウェアで構成されている。

顔の再現は、元になる動画データと、録画される人物との間での「高速で効果的な変形転送」によって可能になる。そのときの発話に最も適合する口の形が転送され、正確で納得できるように一致させる。

研究チームは論文のなかで、「われわれの目標は、ターゲットの動画データにおける顔の表情を、ソース・アクターの表情で動かし、操作された出力動画データを写真のようにリアルに再現することです」と述べている。

このシステムでは、ソースとターゲットの両方の動画における表情データを、「高密度の光学的整合性の測定」を使ってリアルタイムで追跡しているという。

この研究は、2016年6月に開催される「IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition」で発表される予定だ。「Mashable」の記事によると、この技術は現時点では研究段階にすぎないだが、将来的には商業化される可能性があるという。

関連記事:トランプ氏の人工知能bot、ツイッターで「活躍」