自転車に子どもを乗せて走る母親たちの姿は日本では見慣れた光景だが、この姿は中国人にとっては不思議な光景に映るようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の女性たちはなぜこれほど自転車が好きなのかと問題を提起、その理由について分析している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 自転車に子どもを乗せて走る母親たちの姿は日本では見慣れた光景だが、この姿は中国人にとっては不思議な光景に映るようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の女性たちはなぜこれほど自転車が好きなのかと問題を提起、その理由について分析している。

 記事は日本に旅行したことのある中国人なら誰しも不思議に感じる光景の1つは、多くの日本人女性が自転車を好んで利用していることだと紹介する。中国人がそのように感じるのは、日本ほど豊かで高度に発達した国であれば国民はそれにふさわしい交通手段を活用するであろうというイメージを裏切るものだからだ。

 かつては自転車大国と呼ばれた中国だが、経済発展にともなって現在では自動車や電動バイクを利用する市民が非常に多い。一般的な自転車はもはや少数派なのではないかと思うほどだ。中国の交通手段の変化から言っても、日本は発達しているのになぜわざわざ自転車に乗るのかという疑問が生じるのは理解できる。しかもなぜ女性の利用が多いのだろうか。

 記事はその答えを得るために「主婦の役割」と「日本の街の構造」との関係に注目。主婦にはこなさなければならない非常に多様な仕事があり、また様々な店に出かけなくてはならない。小さな子どもを同伴することもある。また中国と違って日本の街の構造はとてもコンパクトであり、狭い範囲にほとんどの業種のお店が存在する。
 
 従って日本の街では、自転車が「最も小回りのきく」交通手段であり、主婦業を首尾よく果たすための必須道具であると記事は指摘。高度に発達した日本において、特に主婦が自転車を利用する姿をよく見かけるのはこうした理由があると分析している。

 中国のある地方都市の場合、女性たちの多くは電動バイクを好んで利用する。健康のためあるいは費用が安いという理由で自転車を活用する主婦ももちろんいるが、どちらかというと少数派だ。中国の道路は日本と違って広いうえに、自転車や電動バイクの走行レーンもある。さらに市街地の自動車の速度は日本に比べて遅く、電動バイクを比較的安心して運転することができる。

 また自動車と違い駐車場所に困るということがない。価格は決して安くないが、便利な電動バイクは中国の主婦たちの必須道具となっている。中国人が日本の主婦の「自転車好き」を不思議に思うのは無理がないことと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)