23日、北朝鮮の各所で金正恩第1書記を非難する落書きが見つかっているとラジオ・フリー・アジアが報じ、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は北朝鮮周辺の地図。

写真拡大

2016年3月23日、北朝鮮の各所で金正恩(キム・ジョンウン)第1書記を非難する落書きが見つかっているもようだ。ラジオ・フリー・アジア(RFA)の報道として、韓国・ニュース1などが伝えている。

RFAは同日、朝鮮半島北部・両江道の消息筋の発言を引用し「今年1月、両江道三水郡のポソン駅で金正恩を卑下する落書きが見つかり、現在も筆跡調査が進められている。落書きは平壌を行き来する急行列車が通るポソン駅の金日成(キム・イルソン)肖像画の下で発見された」との内容を伝えた。また、これとは別に今年の旧正月(2月上旬)には、金第1書記に対する悪口が書かれた落書きが見つかっているという。

同消息筋は、こうした落書きのうわさは尾ひれを付けてすでに北朝鮮内に広まり、「金正恩の偶像化作業は地に落ちてしまった」とみている。別の消息筋によると、このところ平壌など北朝鮮の各地で徹底した筆跡調査が行われており、金第1書記を卑下する落書きはこの他にも複数見つかっているものとみられる。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「当然だろう。こんなやつのどこを見て、代々忠誠を誓えって言うんだ?韓国の豊かさと自由を知っている人はみんな分かっているはず」
「金正恩ももう先は長くなさそう。民心は天の声だ」
「韓国が北に飛ばしたビラの力だ」

「北朝鮮の偉い将校の皆さん、クーデターするなら今でしょ?強力にお勧めするよ」
「お金がなくて監視カメラも置けないんだね」
「金正恩が毎晩恐れ震えているのは、韓国でも米国でもない。すぐそばに拳銃を持って仕えている側近たちだ」
「金正恩はこれでもご飯が喉を通るかな?」

「人民たちよ、立ち上がれ。自由の大韓民国に来たれ」
「キューバも白旗を揚げたし、中国も民主化宣言をしていないだけでもはや社会主義国ではない。残るは北朝鮮だけだ」
「独裁者はもうすぐ倒される。その日、北朝鮮人民は町に出て、大韓独立万歳を叫ぶだろう」(翻訳・編集/吉金)