中国政府・外交部の華春瑩報道官は22日の定例記者会見で、日本で教科書検定の審査で、高校生の歴史教科書が南京事件の記述を大幅に削減したり、尖閣諸島など領土問題の記述が強化されたことに対して、日本政府に厳正に抗議したと説明した。(イメージ写真提供:CNSPHOTO)

写真拡大

 中国政府・外交部の華春瑩報道官は22日の定例記者会見で、日本で教科書検定の審査で、高校生の歴史教科書が南京事件の記述を大幅に削減したり、尖閣諸島など領土問題の記述が強化されたことに対して、日本政府に厳正に抗議したと説明した。

 華報道官は、尖閣諸島について「釣魚島(魚釣島の中国側名称)と同島に付属する島は太古以来の中国固有の領土だ。日本側がいかなる手段で自らの誤った立場を宣伝、押し広げても、釣魚島が中国に属するという事実を変えることはできない」と表明。

 南京事件については「南京大虐殺は日本軍国主義が中国侵略戦争の中で犯した、暴虐な罪だ。鉄の如き証拠が山のごとくあり、早い時期に定説となっている。日本側が教科書から削除して(自らの歴史的行為を)粉飾することは、日本側が歴史上の過ちを正視することを好まないという危険な動きだ」と批判。

 華報道官はその上で、「われわれは厳粛に日本に督促する。歴史に対して責任をしっかりと取る態度を持ち、侵略の歴史を正視して反省する約束を履行し、正しい歴史観により若い世代を教育し、実際の行動をもって隣国関係を改善する努力をせねばならない」と、日本に要求した。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:CNSPHOTO)