23日、中国の福建師範大学(福建省福州市)の女子学生が食堂で盗撮に遭いネットに写真を掲載される騒動が起きたことが話題を集めている。資料写真。

写真拡大

2016年3月23日、中国の福建師範大学(福建省福州市)の女子学生が食堂で盗撮に遭いネットに写真を掲載される騒動が起きたことが話題を集めている。福州新聞網が伝えた。

盗撮があったのは19日で、撮影者は自身のミニブログに女子学生の写真を掲載し、彼女の連絡先を募った。同ミニブログは、偶然見かけ心ひかれた学生の連絡先を募る書き込みがメインで、掲載された写真の多くは本人の許可を得ないまま撮られたものだった。

被害の女子学生はすぐに投稿主に写真を削除するよう求めたが、投稿主は一向に応じず、最後には「君は美し過ぎるから写真は削除できない。もっとブサイクだったら削除できたけどね」と取り合わなかった。その後女子学生の恋人が警告したが投稿主の強硬姿勢は変わらず、警察に相談しても「公共の場で撮られたもので肖像権侵害とは断定できない。肖像権侵害を訴えるなら工商部門に行くといい」との返答だった。

警察は動かなかったが、ミニブログのシステム管理者は22日に同ミニブログアカウントに警告し、同日、投稿主は写真を削除し謝罪文を掲載した。ミニブログアカウントの紹介では、アカウント申請者が福建師範大学の卒業生であると記載されており、同大学は卒業生であるかどうかについて調査を進めている。

今回の騒動に関して法律専門家は、「本人の同意を得ず撮影された写真が非営利目的で使用された場合に適応できる明確な法律は現在存在しない。ただ、当事者が何度も削除を求めたにもかかわらず要求に応じないのであれば、肖像権侵害を訴えることはできる」と指摘している。(翻訳・編集/内山)