23日、観察者網によると、ベルギーのシャルル・ミシェル首相が直前に迫った訪中を急きょ取り消すと伝えられたことに関し、中国の王毅外相は十分な理解を示した。写真は王毅外相。

写真拡大

2016年3月23日、観察者網によると、ベルギーのシャルル・ミシェル首相が直前に迫った訪中を急きょ取り消すと伝えられたことに関し、中国の王毅(ワン・イー)外相は十分な理解を示した。

ミシェル首相は中国海南省で開かれるボアオ・アジア・フォーラム出席のため中国訪問を予定していたが、首都ブリュッセルで多くの犠牲者が出る連続テロ事件が起きたことを受け、訪問の取りやめが伝えられた。

王外相は同首相に理解を示すと同時に、「中国はいかなる形のテロ行為も強く非難する」と強調。「中国人が被害に遭ったという知らせは入っていないが」と前置きした上で、国民を守るための措置を講じていく考えを表明した。(翻訳・編集/野谷)