20日、韓流ガールズユニットTWICEの台湾人メンバー・ツウィが台湾に戻り、中卒認定試験に参加。会場には大量のメディアとファンが押し寄せた。

写真拡大

2016年3月20日、韓流ガールズユニットTWICEの台湾人メンバー・ツウィ(周子瑜)が台湾に戻り、中卒認定試験に参加。会場には大量のメディアとファンが押し寄せた。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

昨年デビューしたTWICEのツウィは、台湾出身の16歳。今年初め、韓国のテレビ番組に台湾の旗を持って出演したことが「台湾独立支持派」の証拠だと指摘され、中国のネットユーザーから猛烈な批判を浴びた。その後、所属事務所が謝罪動画を公開し、未成年の少女が大人の事情に巻き込まれたとして、社会問題にまで発展した。

3年前に練習生として韓国に渡ったツウィは、中学2年で休学しているため、現在は小学校卒業の学歴しかない。今後、韓国の高校に進学するために20日、故郷の台南市で中卒認定試験に参加した。

謝罪騒動から一度も台湾へ戻っていないため、騒動発生から約60日ぶりに台湾の土を踏んだことになる。試験会場となった小学校には、大量のメディア記者とファンが押し寄せた。

謝罪動画では硬い表情で声を震わせ、人々の同情の涙を誘ったツウィだが、試験を終えて姿を見せた時は、はにかみながらも満面の笑顔。ファンの温かい声援に対し、「今日は本当にありがとうございます」と短くあいさつし、会場を後にしている。(翻訳・編集/Mathilda)