23日、中国・北京市の裁判所はこのほど、テロ関連動画を有料配信していた男に懲役2年と罰金5000元(約8万6000円)を言い渡した。資料写真。

写真拡大

2016年3月23日、京華時報によると、中国・北京市の裁判所はこのほど、テロ関連動画を有料配信していた男に懲役2年と罰金5000元(約8万6000円)を言い渡した。

男は数年前にあるサイトでテロ関連の動画や画像を目にし、興味を抱き有料会員となりコンテンツを視聴した。このやり方はお金が稼げると考えた男は海外のサイトから過激な画像やテロ関連動画をダウンロードし、2012年11月より北京市豊台区にあるサーバーを利用し、自身のサイトにアップした。その後過激なタイトルで注目を集め、これまでに6万人余りの会員を集めた。

北京市公安局は、男がアップした動画はテロを宣伝する要素が強く危険性が極めて高いと判断し、取り締まりを行った。(翻訳・編集/内山)