伊集院光

写真拡大

21日放送のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で、伊集院光が「中卒」を自称し、視聴者から怒られた過去を明かした。

番組では、ショーン・マクアードル川上氏の経歴詐称騒動を取り上げた。その中で伊集院は、肩書きは関係ないほうがいいとしながらも、人間は誰でも「何かしらの肩書をその人の中に見つけてしゃべっていると思う」と持論を展開する。

また伊集院は「肩書とかそういうことはありますよ。肩書はそれまでのストーリーみたいなのをある程度、凝縮してるものだから」と、その人を理解するうえで学歴や経歴に頼らざるを得ないと指摘した。

そして、伊集院は自身の学歴についても触れる。伊集院は、自身の最終学歴が東京都立足立新田高校中退だと明かすと、「もはやさ、中卒って言っていたら怒られたんだよ」と告白。中卒と称したことで視聴者から苦情が来たというのだ。

伊集院は、最初は高校中退と言っていたそうだが、あるとき「高校中退」という学位がないことを指摘され、それからは「中卒」と発言していたとのこと。

そのためクイズバラエティ「Qさま!!」(テレビ朝日系)でも、学歴を中卒としていたところ、視聴者から「学歴詐称してるんじゃねえよ。中卒の割にできたみたいなほうがすげえーって思ってやってるんだろ」とのクレームが来たのだというのだ。

それ以降伊集院は、気をつけて「高校は出ていない」という言い方をしているとか。

【関連記事】
伊集院光 ショーンK氏降板に関しての「報道ステーション」の姿勢を疑問視
伊集院光が「世の中が『週刊文春』中心に動いちゃってる」と指摘
伊集院光がお坊さん版の「食べログ」を提案「☆5つのお坊さんは泣ける」