TOKIO麺に「人殺し」発言し炎上した作家 改めて関係者に対し謝罪

写真拡大

ミステリ作家の藤岡真さんが3月23日、自身のTwitterアカウントを通じ、Twitterの休止を告知するとともに関係者に対する謝罪の言葉を掲載した。(2016年3月23日22時追記:23日時間不明で、藤岡さんのTwitterアカウントは削除されています。)

【関連:TOKIO麺に「人殺し」とツイートした作家 削除内容をブログに再掲載】

藤岡真さん23日ツイッターより。

「わたしの無神経な発言が、多くの皆様を傷付けることになり、大変申し訳なく思っております。
福島県の皆様、TOKIOの皆様、鉄腕ダッシュの関係者の皆様に深くお詫び致します。本当に、申し訳ありません。」
(Twitterアカウント@fujiokashinより引用。3月23日3時21分投稿分。)

問題は、20日20時ころに藤岡さんがTwitterアカウントを通じ、「TOKIO。究極のラーメンて、福島の小麦から作った麺なのかよ。人殺し」「TOKIO。気違いが福島で米を作っている」など立て続けに過激な発言を行っていたことに始まる。この投稿は瞬く間に拡散され、炎上する騒ぎに。

投稿から約6時間ほどでTwitter上から削除されたが、藤岡さんは21日朝5時にブログ『藤岡真の始の棲家』上で更なる持論を展開。考えは変えないものの、言葉に行きすぎる部分があったと謝罪した。しかし、投稿の削除は「隠滅が目的ではない」と主張し、削除した文言を再掲載。騒動は更なる拡大の様相を見せていた。

・「TOKIO。究極のラーメンて、福島の小麦から作った麺なのかよ。人殺し」
・「未だに「食べて応援」している馬鹿がいて頭が痛くなる」
・「福島の農家の皆様は、どうか地産地消して下さい。県外に出荷するほどの生産量があるのですか。そして、ご自分のお子さんには絶対に食べさせないで下さい。なお、圏外で生産物を目撃したら「毒入り食べたら死ぬで」シールを添付させていただきます」
・「TOKIO。気違いが福島で米を作っている」
(ブログ『藤岡真の始の棲家』3月22日公開時点データより引用。原文まま掲載。)

なお、23日3時のTwitterでの謝罪と休止告知に関連し、公式サイトでも休止を告知、さらに問題の投稿を再掲載したブログ『藤岡真の始の棲家』も閉鎖されている。

▼参考
ブログ『藤岡真の始の棲家』の該当記事(Googleキャッシュ
公式サイト ミステリ作家藤岡真の部屋(fujiokashin.com
Twitterアカウント(@fujiokashin

(文:HideI)