シェルヴェイがベニテス就任で巻き返しを確信も「まるで学校に行くよう」

写真拡大

▽ニューカッスルに所属するイングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイが、ラフェル・ベニテス監督の就任についてチームが変化していると語った。イギリス『BBC』が報じている。

▽現在降格圏の19位に位置するニューカッスルは、スティーブ・マクラーレン監督を解任し、かつてリバプールで指揮を執り、今シーズ途中までレアル・マドリーを率いていたベニテス監督を招へい。しかし、初陣となったレスター・シティ戦を0-1で落とすと、20日に行われたサンダーランドとの“タインウェア・ダービー”は1-1のドローに終わった。

▽シェルヴェイはベニテス監督就任について「再び学校に行っているようだ」とコメント。新指揮官就任は、再度アピールする必要があると語った。

「常に監視されている。まるで、裁判をしているような気分だよ。だれでも印象を与えようと、いつもより忙しくしている」

「でも、これはフットボールの一部だよ。自分がどの様な人間であるかを示す必要がある。新しい監督が来ると、再び学校に行くようなものになるんだ」

▽ベニテス監督就任後も勝利が挙げられていないニューカッスルだが、シェルヴェイはここから2週間に渡るインターナショナル・ブレイクの間にチームが変化することを確信しているようだ。

「選手たちはベニテス監督が言うことを聞いている。彼はこれまで残してきた記録を語ってくれるんだ。この2週間は真剣に取り組むための良い機会だよ。僕たちは、彼が来てから多くの時間を過ごしていなかったからね」