18日、台湾の女優ルビー・リンが、韓国の俳優ソン・ジュンギとの「熱愛」を発表したとして、両者のファンを凍りつかせた。写真はルビー・リン。

写真拡大

2016年3月18日、台湾の女優ルビー・リン(林心如)が、韓国の俳優ソン・ジュンギとの「熱愛」を発表したとして、両者のファンを凍りつかせた。東森新聞網が伝えた。

【その他の写真】

ルビー・リンは18日、中国版ツイッター上で「あなたがいてよかった。来週会いましょう」とメッセージを投稿。ほどなくして、ネットユーザーが韓国の俳優ソン・ジュンギがフェイスブック上に発表したというメッセージを発見。そこには「あなたがいてよかった・321」と書かれており、ルビー・リンのメッセージと内容が酷似していた。

ソン・ジュンギは、ドラマ「太陽の末裔(まつえい)」のヒットをきっかけに、中国や台湾でも人気沸騰。「韓流天王」ことキム・スヒョンの王座をおびやかす存在として注目されている。

ファンを凍りつかせたこのメッセージだが、誰よりも驚いたのは、実はルビー・リン本人だった。ルビー・リンによると、ソン・ジュンギとは面識もなく、問題のメッセージは、出席する某商品のPRイベントのため、メーカーから投稿を依頼されたもの。なお、ソン・ジュンギは過去のインタビューで、SNSは利用していないと話しており、今回のメッセージは何者かのなりすましだったようだ。

ルビー・リンは木村拓哉の熱烈なファンとして有名だ。それだけにネットユーザーからは「浮気しちゃダメ」「頭がおかしくなったのかと思った」などとコメントが寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)