中国高速鉄道はもともと日本をはじめとする国外の技術を導入して開発されたものだ。中国は技術を導入したこと自体は認めているが、対価を支払って技術を購入したものであり、その技術をさらに発展させたものが中国高速鉄道であり、あくまでも自主開発したものという立場を示している。(イメージ写真提供:(C)Jaroonrat Vitoosuwan/123RF.COM)

写真拡大

 中国高速鉄道はもともと日本をはじめとする国外の技術を導入して開発されたものだ。中国は技術を導入したこと自体は認めているが、対価を支払って技術を購入したものであり、その技術をさらに発展させたものが中国高速鉄道であり、あくまでも自主開発したものという立場を示している。

 中国は自国の産業の国外進出を進めており、こうした方針は「走出去」と呼ばれる。「走出去」には中国高速鉄道も含まれる。現在はアジア各国の高速鉄道市場をめぐって新幹線は中国高速鉄道と激しい受注競争を展開しており、中国高速鉄道が新幹線を退ける事例も発生しており、中国は自国の高速鉄道の競争力に対して自信を深めているようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の科学技術力は世界でも一二を争う」と指摘する一方、さすがの日本でもすべての産業において世界有数というわけではないと主張し、「高速鉄道の分野においては中国に匹敵する国はない」と論じた。

 記事は、中国高速鉄道が国外で受注を重ねてきていることを指摘しつつも、日本が近年、中国高速鉄道と国外で勝負を挑んできていると指摘し、新幹線導入を前提に日本がタイと契約したことをなどを紹介。日本は中国との競争に打ち勝つためになりふり構わない姿勢を示し始めていると指摘した。

 続けて、日本が新幹線というインフラ輸出に力を入れ始めたのは中国が一帯一路戦略を打ち出してからであると指摘したうえで、日本は中国の一帯一路を阻害しようとしているのは明らかと主張した。

 さらに記事は、中国はアジアと欧州、さらにはアフリカを結ぶ巨大な経済圏を構築しようとする「一帯一路」戦略を推進しており、欧州まで地続きであるという大きな優位性があることを指摘する一方、日本は海で隔てられているため中国のように地の利を活かすことができないと指摘。鉄道網を連結させ、巨大な経済圏を構築できる中国に比べて、日本は新幹線を他国に売り込んだところで孤立した路線が生まれるだけにすぎないと主張し、地の利を持つ中国のほうが高速鉄道をアジアに売り込むうえで大きな優位性を持つと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Jaroonrat Vitoosuwan/123RF.COM)