現行ロードスターにもリトラクタブルハードトップ版が加わるようです。3月25日から開催されるニューヨーク国際自動車ショーでワールドプレミアとなる「MX-5 RF」は、MX-5が26年間一貫して守り続けてきた「Lots of Fun」の価値を体現する、MX-5ファミリーの一員という位置づけだそうです。

1

軽量化こそ最大の命題であるロードスターにとって、リトラクタブルハードトップ化は「楽しさと快適性」という、相反する課題に挑戦する必要がありますが、「オープンカーの楽しさを身近なものにする」という先代のリトラクタブルハードトップモデルが目指した価値を引き継ぎながら、従来の考え方に捉われることなくさらなる進化に挑戦した、としています。

写真を見ると驚くのはリヤスタイルで、その新しい挑戦による進化がうかがえます。マツダ「MX-5 RF」は、ルーフからリヤエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを特徴とするファストバックスタイルになっているうえに、独自のリアルーフ形状と開閉可能なバックウィンドウによる新しいオープンエア感覚を実現しているそう。

さらに、注目のルーフはフル電動化されていて、走行中でも10km/h以下なら開閉が可能。限られたスペースに効率的に収納できるコンパクトな構造で、ファストバックスタイルのデザインとソフトトップモデルと同じ荷室容量を両立しているといいますから、積載性も犠牲になっていないようです。

RHT化によりどれくらいの重量増になっているか分かりませんが、パワートレーンは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」をマーケット別に適切なラインアップで展開するそうで、北米仕様車には、「SKYACTIV-G 2.0」を搭載。

日本向けに関してはアナウンスされていませんが、重量増もあるとすればこれを機に2.0リッターが用意されるとうれしいのですが。

(塚田勝弘)

リトラクタブルハードトップのマツダ「MX-5 RF」を世界初公開! 日本向けロードスターは2リッターになる?(http://clicccar.com/2016/03/23/361991/)