世界では日本人に対して、「真面目」、「勤勉」、「ルールを守る」、「礼儀正しい」というイメージを抱く人は多い。では、中国人は日本人に対して、どのようなイメージを抱いているのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、一般的に中国人は日本人に対して「厳格」、「礼儀正しい」といったイメージを抱いていると伝えつつ、日本の路線バスを通じて、日本人と中国人の国民性の違いを解説している。

 記事は、日本人の厳格な性格は日本人が保守的であることと関係があると主張し、「過去に成功したやり方を維持すれば同じように成功できる」と考えるのが日本人だと指摘。言い換えれば「1つのことに固執する」傾向にあるとの見方を示しつつ、大胆よりも細心を好む傾向にあると分析した。

 続けて、日本を訪れたことのある中国人ならば多くの人が驚くこととして、「日本の路線バスが時間に正確」であることを挙げ、道路状況によって遅れが生じることはあっても、日本の路線バスは基本的に時間どおりに運行がなされていると称賛。一方、中国で暮らしている中国人にとって「路線バスとはいつ到着するか分からない存在」だと紹介した。

 中国では時刻表が存在しない路線バスもあるほか、時刻表があっても「その場所にはバスが到着する可能性があること」を示しているだけで、どれだけ待ってもまったくバスが来ない時もあれば、一度にバスが数台まとめて到着することもあると紹介し、バスの運行という点だけ見ても日本と中国の国民性が現れていることを指摘。

 また、日本人の仕事ぶりは「質と効率のどちらを重視しているか」と疑問を投げかけつつ、日本人は「効率を犠牲にしても、質を重視する傾向にある」と指摘し、仕事ぶりにおいても中国人とは考え方や、取り組み方が根本から違うのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)