22日、中国外交部の華春瑩報道官は、ベルギーの首都ブリュッセルの空港と地下鉄で発生した連続爆発事件について、「テロを強く非難するとともに、犠牲者に対し心から哀悼の意を表す」とするコメントを発表した。写真は中国外交部。

写真拡大

2016年3月22日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、ベルギーの首都ブリュッセルの空港と地下鉄で発生した連続爆発事件について、「テロを強く非難するとともに、犠牲者に対し心から哀悼の意を表す」とするコメントを発表した。中国新聞網が伝えた。

華報道官は「中国はいかなる形式のテロにも断固反対する」とした上で、「今まさに、中国の国民はベルギーやヨーロッパの人々と共にある。中国はベルギーや国際社会との協力を強化し、共にテロの脅威や挑戦に向き合い、世界の平和と安全を守る」と述べた。

また在ベルギー大使館を通じ、中国人の被害の有無を確認しているとも話した。(翻訳・編集/柳川)