人気シリーズ初の子ども向け

写真拡大

宝島社は、大人気「ペン字練習帳」シリーズで初の子ども向けとなる「30日できれいな字が書ける子どもの美文字練習帳」を2016年3月22日に発売した。

美文字ブームの火付け役とも言える書家・中塚翠涛(なかつか・すいとう)氏が監修・手本を手がける。見開きで1日分、30日で1冊を終える構成。大判ノートサイズで書き込みやすく、なぞり書きで練習できるスタイルが特長だ。

09年12月の発売以降、累計340万部を突破する人気シリーズ。第8弾となる今回は、「とめ」「はね」「はらい」などの基本からしっかりと学ぶことができる。また「ぬり絵」スペースも設け、子どもが楽しみながら練習できる工夫もされている。

価格は600円(税抜)。