22日、「竹島(韓国名:独島)は日本固有の領土」と記述した日本の高校教科書への韓国政府の抗議の度合いが以前より和らいだとの日本メディアの指摘について、日韓ネットが反応を示した。写真は中国に韓国文化院の竹島関連コーナー。

写真拡大

2016年3月22日、「竹島(韓国名:独島)は日本固有の領土」と記述した日本の高校教科書への韓国政府の抗議の度合いが以前より和らいだとの日本メディアの指摘について、韓国ネットからは「韓国の教科書にも日本が対馬を不法占拠していると記述しろ」との反論まで飛び出した。日本ネットは「対馬が韓国の領土だったことは一度もない」と冷静だ。

韓国外務省報道官は、18日に日本の文部科学省の検定を通った高校教科書について、「歪曲(わいきょく)された歴史観を盛り込んだ高校教科書を、またも検定で通過させたことを深く嘆き、即座に是正するよう要求する」と抗議したが、日本のメディアは「韓国はこれまで『挑発を強行した』『糾弾する』などの強い表現で非難してきたが、今回は表現を和らげた」と評価している。

これについて韓国のネットユーザーからは、「日本の行動にいちいち反応しないのが一番」「日本は関係ない。我々は静かに黙々と独島の活動を続ければよい」との声もあるものの、「日本のメディアは評価しているのではなく、韓国政府の対応をバカにしているのだ」「親日の朴槿恵(パク・クネ)政府が日本のすることを批判する訳がない」など相変わらず反日的なコメントが多かった。

これに対し、日本のネットユーザーからは、「洗脳教育もここまでいくと痛々しいな」「歪曲しているのはそっちのほうだろ!」「分かっていたけど、どう見ても今日も嫌韓が進みます」など韓国とは全く波長が合わないコメントが寄せられた。(編集/長澤)