野菜が主役のサンドイッチ

写真拡大

ミニストップはサンドイッチの新シリーズ「野菜を食べるサラダサンド」2種を2016年3月22日に発売した。また、現在発売中の「たまごサラダ」と「ツナサラダ」のリニューアル版を4月5日に発売する。

「サラダ(野菜)を片手で食べるサンドイッチ」がコンセプトの「野菜を食べるサラダサンド」シリーズは、主に女性や健康志向の人に向けて考案した。「ロメインレタスのシーザーサラダサンド」と「水菜の胡麻ドレサラダサンド」の2種とも、特製ドレッシングで味付けした野菜を全粒粉のパンに挟んだ。「ロメインレタス」はチーズとにんにく、隠し味のアンチョビでコクを引き出した特製シーザーソースを合わせ、「水菜」は香りの良いすりごまのソースとスモークチーズを加えた。各298円(税込)。「水菜」は関東や東海、近畿、九州でのみ販売する。

発売中の「たまごサラダ」と「ツナサラダ」は4月5日から味付けを刷新する。「たまご」はこれまでよりも塩味を抑え、「ツナ」は味付けに加え食感も改良した。生まれ変わった「たまご」と「ツナ」を多くの人に食べてもらうため、期間限定で「たまごサンド」を「ジューシーハムサンド」に、「ツナサンド」を「野菜ミックスサンド」におまけで付け加えて発売する。対象期間はそれぞれ4月5日〜18日(四国地区のみ12日〜25日)、4月19日〜5月2日と異なる。価格は各280円(税込)。