ベルギーでの同時多発テロを受け、UEFAがユーロ2016に向けて声明を発表

写真拡大

▽22日に発生したベルギーの同時多発テロを受けて、欧州サッカー連盟(UEFA)がユーロ2016に向けた声明を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽ベルギーの首都であるブリュッセルで、22日早朝に空港と地下鉄で爆発事件が起きた。一部では過激派組織「イスラム国」(IS)の関与が囁かれており、昨年11月にフランスで起こった同時多発テロとの関連も報じられている。

▽今夏にはフランスでユーロ2016が開催されるが、UEFAは安全な大会が行われるように進めていくことを強調した。

「ユーロ2016の警備班は3年以上、実務をこなしています。安全な大会を行うために必要な措置は全て取っていることを証明します」

▽また、フランスの内務大臣を務めるバーナード・カズヌーヴ氏は「非常に高いレベルのセキュリティが必要」との見方を示し、今後も警備体制をより強化していかなければとの認識を示している。