写真提供:マイナビニュース

写真拡大

円谷プロダクションは、若手アーティストが制作した「ウルトラマンシリーズ」のヒーローや怪獣をモチーフにした作品を展示・販売するイベント「ART of ULTRAMAN」を開催する。会場は新宿タカシマヤ内の2会場(10階 美術画廊/1階 ザ・メインスクエア)。会期は4月13日〜26日(10階 美術画廊は25日まで)。時間は10:00〜20:00(毎週金・土曜日、および4月17日〜19日は20:30まで)。

同展は、今年で放送から50年を迎えた円谷プロの「ウルトラマンシリーズ」に登場するヒーローや怪獣をモチーフにしたアート作品を、生まれたときからウルトラマンを身近に感じていた30代〜40代を中心とした若手アーティストが制作して展示販売するもの。

10階 美術画廊では、若手アーティストの16名がウルトラマンと怪獣などをモチーフとした作品を制作(1人1〜2点出品)し、ウルトラマンを"アート"の側面から掘り下げた作品が展示・販売される。会期は4月13日〜25日(最終日は16:00閉場)。

一方、1階ザ・メインスクエアでは、金丸悠児氏率いるアーティスト集団「C-DEPOT」に所属する22名のアーティストが、ヒーローや怪獣をモチーフとした作品によってウルトラマンの世界空間を表現するという。会期は4月13日〜26日。

なお、1階ザ・メインスクエアにおいては、ウルトラマンシリーズを始めとする円谷プロのキャラクター・世界観を表現したインスパイアードアート作品を販売するイベント「円谷プロダクションクリエイティブジャム」も同時開催されるということだ。

(早川厚志)