ドイツW杯の招致で不正か ベッケンバウアー氏ら6人の調査開始

ざっくり言うと

  • 22日、FIFAは06年W杯ドイツ大会の招致活動に絡む不正疑惑を調査すると発表
  • 対象は大会組織委会長だったベッケンバウアー氏、ニースバッハ氏ら6人
  • 証拠は見つからないが、否定はできないという検証を受けての決定とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング