©2016 Disney

写真拡大

2016年4月23日(土)から全国公開されるディズニー最新映画『ズートピア』。

【動画】“もふもふ&ドキドキ”シーン満載『ズートピア』最新映像

動物たちが暮らす社会「ズートピア」を舞台に、夢を追いかけるウサギ、ジュディと詐欺師のキツネ、ニック。

そしてズートピアの陰に隠れた大きな闇に迫るファンタジー・アドベンチャーです。

ひと足早く鑑賞したライターが「これぞディズニーの傑作! 」と太鼓判を押す作品『ズートピア』をご紹介します。

可愛いキャラクターがたくさん!

『ズートピア』の主人公ジュディ・ホップスはうさぎ。

様々な動物が一緒に暮らす街ズートピアには、他にもたくさんの動物が暮らしています。

サイやカバの警察官、ライオンの市長、チーターの受付係、そしてポップスターのガゼルなど、肉食動物・草食動物を問わずありとあらゆる動物がそれぞれの仕事をしながら生活しています。

たくさんの個性的なキャラクターに心を奪われてしまいます。

最近の映画は、主人公と数人の登場人物でじっくりと進めていくストーリーが多かったのですが、『ズートピア』にはたくさんのキャラクターが次々と登場。

今度はどんな動物がどういう形で登場するのだろう? とわくわくしながら物語が進んでいきます。

作中ではズートピアのすべての地域は描かれないため、他の地域はどうなっているのだろう? 他の動物はどうやって過ごしているのだろう? と想像が広がります。

鑑賞後も、どのキャラクターが好きだった? と話が盛り上がりそうです。

「動物映画」でディズニー完全復活

ディズニーといえば、『バンビ』に始まり『ジャングル・ブック』、『ライオン・キング』など動物の世界を舞台にした作品を多く手掛けてきたスタジオ。

そんなディズニーが、人間のいない動物だけの社会を作りだしました。

『ズートピア』には、長年スタジオが培ってきた、動物を動物らしく、可愛く、それでも社会性があるように描く手法が凝縮されています。

動物たちの楽園、ズートピア。

しかし、そこで描かれるのは、まさに人間の世界です。

大きな動物と小さな動物、肉食動物と草食動物、様々な違いを持つ動物たちが一緒に暮らす社会。

一見仲良さそうな社会の奥底にある、動物たちの気持ち、それを利用しようとする悪者たち…

現代の人間社会に潜む問題が、多種多様な動物たちの社会を通して訴えられます。

見た目かわいく、観ていて心が落ち着く動物アニメーションの良さをしっかり持ちながら、深いテーマを軽快に描いていくその技術は他の映画にはない魅力です。

これぞディズニーアニメーション!

ジュディが思い描くズートピアは「何にでもなれる場所」。

小さな体に大きな夢を持ったジュディが、「Try Everything」の気持ちで夢に向かって突き進みます。

その姿勢はまさにディズニーが描く理想的な姿。

これぞディズニーアニメーション! と堂々と言える、素晴らしい作品です。


様々な困難があっても自信を持ってそれを乗り越え、仲間に励まされたり、自分と向き合ったりしながら、夢に向かって成長していくジュディの姿は誰もが応援したくなってしまいます。

子どもから大人まで誰もが楽しめる設定、それぞれの想像力を膨らませてくれる世界観、ウサギのスピードでさくさく進みながらも現代社会をしっかり捉えたストーリー。

今絶好調のディズニーが生み出した傑作『ズートピア』。

是非劇場で彼らの社会を観てください!