「Wii U」に年内生産終了報道、ここ最近は品薄状態続き不満の声も。

写真拡大

任天堂の据え置き型ゲーム機「Wii U」に年内生産終了報道が出ている。

これは3月23日付けの日経新聞 電子版が伝えているもの。「Wii U」は発売からまだ3年強だが、「(任天堂は)販売が振るわず、回復が見込めないと判断した」(同紙より)という。

「Wii U」を巡ってはここ最近、「スーパーマリオメーカー」や「Splatoon(スプラトゥーン)」のヒットや、世界的なヒット作「マインクラフト」の投入などにより「本体が欲しい」とのニーズが高まる一方、ネットでは「お店に売っていない」「どこで買えるの?」など品薄状態への不満の声が上がっていた。

なお、任天堂は新型ゲーム機「NX」の開発を進めており、年内にも発表すると見られている。