DF酒井宏樹、サイドバックのポジション争いについて「タイプが違うから呼ばれている」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は22日、埼玉スタジアム2002で、24日に同スタジアムで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽2日目の全メニューを終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたDF酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)が、熾烈なポジション争いを強いられる日本代表のサイドバックについて言及した。

◆DF酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)

──ハリルホジッチ監督からはどんな役割を期待されているか

「とりあえず勝利に貢献できるように頑張りますし、チームスポーツなので、全体的な勝利を目指した上で、良い物を出せればと思います」

──監督は個別にビデオを用意していると言っていたが

「話をした時に色々と言われて、そこの部分を見ました。自分の良い所や修正すべき所のビデオです。自分でもよく分かっています。(課題は)守備的な部分の細かい部分とか色々ですね」

──監督は日本のサイドバックは何年も同じ選手が務めていると言っていた。ここから争っていく中で、競争についてはどう思っているのか

「タイプが違うから呼ばれているわけで、同じ相手なら呼ばれないでしょう。融合させながらチームとしてやっていければ良いのかなと思ってます。個人的な目標ではなく、しっかりとした目標がある代表の中にいます。その力になれるように。クラブでは個人の力を磨いて、代表で示せるように頑張っていきたいと思います」

──クラブでは苦しい戦いが続いているが

「ここで良い雰囲気を持ち帰って、残留の力になれればいいと思います。試合に出ている数は多いので責任は感じています。やり続けるしかないので切り替えて頑張ります」