2次予選のラスト2試合に向けてMF香川真司「しっかりと勝ち切らないと」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は22日、埼玉スタジアム2002で、24日に同スタジアムで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽2日目の全メニューを終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)が、監督に求められていることや、この1年の目標を語った。

◆MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)

──バリルホジッチ監督に呼ばれて話をしていましたが

「これからの2試合のこと含めて、個人的に代表でしっかりとチームが勝つためにやってほしいと言われました」

──メンバー発表会見では初戦は使わないようなニュアンスの話もありましたが

「中2日なので、コンディションを上げないといけないです。どうなるかはわかりませんし、しっかりと準備をして、あとは監督が決めることなので。しっかりと試合に出る準備をしていきたいです」

──2月にハリルホジッチ監督が視察に訪れて、会食などもあったと思うが

「自分の経験であったり、今までやってきたことを代表に還元して欲しいと言われました。大きなモノを期待してもらっていると感じたので、自分自身も代表で結果を出したいですし、監督もそういったことをストレートに言ってくれるので感じています」

──この1年、ロシア・ワールドカップに向けてどうしていきたいか

「アジア予選を戦う場なので、まずはそこを勝ち抜かないとワールドカップに行けません。そこは僕たちがしっかりと戦わなくてはいけないですし、ワールドカップに向けて厳しい戦いになっていくので、そういった意味でもこの2試合もしっかりと勝ち切らないといけません。最終予選もあるので、戦っていかなければいけないかなと」

「なかなか先のことを想像するのは難しいですが、大事な2試合になるのは間違いないですし、ワールドカップまで2年と時間もないので、クラブでもそれぞれの過ごし方が大事になると思っています」

──監督は多くの選手にもっとやってくれと言っていますが

「責任感は常にありますし、ピッチで証明していかなくてはいけない、結果を残さなくてはいけないというのは間違いないです。それを残すために、自分が足りないところがあると思うし、自分自身も感じているので、まずはチームが勝つ。その中で自分がどれだけチームにもたらせることができるか。努力しなくてはいけないし、やれることはたくさんあると思うので、努力してやっていきたいです」