20日、中国四川省で思いつめた男性が橋から川に身を投げたが、居合わせた釣り人や市民らが協力して救出した。資料写真。

写真拡大

2016年3月20日、中国四川省瀘州市竜馬潭区で、思いつめた若い男性が橋から川に身を投げたが、居合わせた釣り人や市民らが協力し、男性を救出した。22日付で成都商報が伝えた。

一部始終を目撃した市民によると、身投げした男性に気が付いた釣り人はすぐに釣り針を男性の服にひっかけキャッチした。釣り糸が切れる恐れもあったため引き寄せることはできなかったが、男性が流されることを防ぎ、現場にいた市民らが救助するまでの貴重な時間を稼いだ。泳いで救助した人や漁船を出してサポートした人は明らかになったが、釣り人は男性が引きあげられた後に何も言わずその場を後にしたため、どんな人物だったのかは分かっていない。

警察によると、橋から身を投げた男性は19歳の若者で、恋人との関係や仕事がうまく行かず悩んでいた。家族に相談したがこれが原因で口論となり、思いつめて橋から身を投げた。男性はすでに意識を取り戻したが、骨折や肺の感染症などで入院治療を受けている。(翻訳・編集/内山)