タクシードライバーとして働きながら芸能活動をしている生田佳那

写真拡大

ついに美人すぎるタクシードライバーまで!と、注目を集めているのが生田佳那(いくた・かな)だ。

大学在学中から読者モデルを開始し、卒業後、タクシードライバーとして働きながら芸能活動をサポートしてくれる「飛鳥交通ドリームプロジェクト」に応募。見事、第1回グランプリに輝いたという異色の彼女。

最近はタレントとしての活動に加え、グラビアにも挑戦。発売中の『週刊プレイボーイ』14号では、B81W60H80という抜群なスタイルのEカップボディを初々しい表情とともに披露、早くも反響を呼んでいる。

そこで、タクシードライバーという異色の経歴を確かめるべく、勤務する営業所へ彼女を直撃! ドアを開けると、爽やかな私服姿で笑顔を浮かべる生田さんがーー。

* * *

―普段、勤めているタクシー会社にお邪魔させてもらいましたが、本当にドライバーなんですね。疑ってるわけじゃないですけど、どうも信じられなくて…。

生田 うふふふ。よくそう言われます。制服を着てても、コスプレに間違われちゃうし(笑)。この間もコンビニにトイレ休憩で入ったら、お客さんとすれ違いざまに「え? コスプレ?」って言われちゃって。

―でもその気持ちもわかりますよ。今週号の週プレのグラビアでも本当にキレイでしたから。まさかタクシードライバーだなんて、想像つかないですもん。

生田 ありがとうございます。でも照れますね。グラビアの撮影、ものすごく恥ずかしかったんで。

―そんなに? グラビアは2回目だと聞きましたけど…。

生田 すごかったです。緊張もしたし。カメラマンさんが察してくれて、撮りながら「いつもどのへんを流してるの?」とか仕事の話を聞いてくれて。気が紛れたんで助かりましたけど。

―初々しいですね(笑)。特に印象に残ってるカットは?

生田 ラストページに映ってる花柄の衣装ですね。これ、肩紐がないんですよ。だから胸が出ちゃいそうで、気が気じゃなくて。

―いやいや。この衣装だからこそ、スタイルの良さが出てセクシーなんです(笑)。それにしても、なぜタクシードライバーに?

生田 大学卒業前に読者モデルを始めたんですけど、不定期な仕事じゃないですか。撮影を優先したらバイトをクビになっちゃって。卒業する時、仕事どうしようって悩んでたら、「飛鳥交通ドリームプロジェクト」を知って、応募させていただいたんです。

―ドライバーの仕事をしつつ、芸能の仕事を支援してくれるって企画ですね。でも資格取得もあるんですよね。特に二種免許は合格者が全体の2割で超難関とか。

生田 確かに難しいですね。それにその後、地理試験がまた大変で。都内なら全幹線道路と首都高の全入口、主要交差点、主要建物などをそれぞれ覚えないといけないし。あと2地点を示されて、その最短ルートを答えたり。数ヵ月間部屋にこもってみっちり勉強しましたよ。今は勤務し始めて1年半ですね。

―地道に努力して偉いよなぁ。普段はどれくらい運転してるの?

生田 大体、週2日くらいで、午前8時から夕方まで走ってます。深夜帯は乗車料金が割増しで、日中よりは売り上げはいいと思いますが、酔った方の対応も難しいということもあり、日中だけ勤務しています。

―でも夜に限らず、どんな人が乗ってくるかわからないし、車内も言っちゃえば密室でしょ。運転してて怖くない?

生田 外が明るいですから大丈夫です。ただ、怒られたり厳しい指摘も…。

―道を間違えたりとか?

生田 そうですね。私のミスですが、舌打ちされたりすると、怖くてずっと汗かいてますね。で、そういう時に限り、渋滞に巻き込まれたり、突然の通行止めでナビが役に立たなかったり(苦笑)。

―八つ当たりされても、ちょっと困るよねぇ。

生田 以前、お客様のご希望で停車した場所が一方通行のド真ん中のことがあって。しかもカード払いに手間取って時間がかかっちゃったんです。そうしたら後ろのクルマの運転手さんが怒鳴り込んできて! その場を離れた後、なんでこんな目に…って泣けてきました。普段はいいお客さんばかりで楽しいんですけどね。

―それにしてもカワイいから、お客さんにナンパされるでしょ?

生田 たまにあります(笑)。降りる時、連絡先を聞かれたり、今度ご飯を食べに行こうって誘われたり。そういう時はお名刺をいただきます。その先に発展したことはまだ一度もないですけど。

―会社に連絡すれば、生田さんの指名はできるんですか?

生田 乗務員の指名はできないんです。でもいつも営業している地域が渋谷界隈なので、割と見つけやすいと思いますけどね。

―じゃあ、うまく乗車できたとして、その後はどうすればもっとお近づきになれるんですかね?

生田 そうですねぇ。やっぱり長く乗ってくれたら、たくさんお話はできますよね(笑)。

―そうか! 目的地が1メーターの距離でもグルグル回ってもらえばいいと。その分、乗車料はかかっちゃうけど(笑)。

生田 その時は喜んで運転させていただきます。うふふふ。あと、これは私に限らないですけど、乗る時にまず「お願いします」ってひと言もらえると、嬉しいです。

―参考にさせていただきます。ちなみに運送業も含め、クルマを運転する職業の女性って強そうなイメージがあるけど、生田さんは?

生田 強いどころか逆です。普段はすごく人見知りだし、やたらくよくよと悩むし。でも誰も乗せずにひとりでクルマを運転している時は、意外と荒いキャラかも。高速に乗ってもずっと追い越し車線を走ってるし。仕事ではそんなことないですけどね。

―誰にも前をいかせないぞと(笑)。そんな生田さんの好きな男性のタイプは?

生田 何事にもポジティブで大らかな人がいいですね。それこそ私がスピードを出しそうになると、「なんでそんなに急いでるの?」って言って、たしなめてくれるような(笑)。

―やっぱりクルマの免許を持ってなきゃいけない?

生田 いや、それは大丈夫です(笑)。私が運転しますから。

―こんな美女が運転なんて贅沢(ぜいたく)ですね。では今後の目標は?

生田 今回、恥ずかしかったけど、自分自身を撮っていただくのがすごい楽しくて。機会があればもっとやりたいです。あとは、タレントのお仕事をたくさんしたり、女優のお仕事にも挑戦してみたいですね。

―女優としてはどんな役をやってみたいですか?

生田 やっぱり…タクシー運転手の役ですかね(笑)。タクシーのお仕事もそうですけど、グラビアや女優のお仕事もまだまだ知らないことばかりで。今はできることひとつひとつをとにかく一所懸命やって、新しい自分を見つけていきたいなって思っていますね。

生田佳那のグラビアが掲載されている『週刊プレイボーイ』14号(3月19日発売)は絶賛発売中!

(取材・文/大野智己、撮影/岡本武志、石川耕三〔オフショット&インタビュー〕)

■生田佳那(IKUTA KANA)

1991年12月18日生まれ 長野県出身 身長150cm B81 W60 H80 血液型=B型

○飛鳥交通に勤務するタクシードライバー。メンズファッション誌『warp MAGAZINE JAPAN』(トランスワールドジャパン)のWeb版にて自身のコラムを連載中。公式ブログ http://www.warpweb.jp/lifestyle/column/25443.php http://ameblo.jp/ikutun/ 公式Twitterもチェック【@12181242】