盟友の偉業を待ち望む本田「世界のサッカー界に刺激と勇気を与えている」

写真拡大

 盟友が成し遂げようとしている快挙に自分自身も刺激を受けている。日本代表FW本田圭佑(ミラン)にとってFW岡崎慎司(レスター・シティ)は高校時代から凌ぎを削ってきた同い年の盟友であり、五輪代表、A代表でも長くともに戦ってきた戦友だ。

 その岡崎がレギュラーとしてプレーするレスター・シティは今、プレミアリーグで首位を走り、クラブ史上初のリーグ制覇に突き進んでいる。

 その活躍は日本代表にも良い影響を与えるか。そうした質問に本田は「代表だけでなく、レスターの活躍は世界のサッカー界にいい刺激と勇気を与えている」と答え、その歴史的偉業が持つ意味を表現した。

「我々の職業は、本質的なことを言えば、多くの人にそうした勇気を示せるかどうかというところにある。その代表として、レスターが、岡崎が示していることは、プロの我々にとっても勇気になっている」。本田は岡崎擁するレスターがプレミアリーグを制する瞬間を心から待ち望んでいる。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧