22日、韓国疾病管理本部が韓国で初のジカウイルス感染症患者が確認されたと明らかにしたが、感染の兆候が表れて以降、この患者が4日近く事実上放置されていたことが分かった。資料写真。

写真拡大

2016年3月22日、韓国疾病管理本部が韓国で初のジカウイルス感染症(ジカ熱)患者が確認されたと明らかにしたが、感染の兆候が表れて以降、この患者が4日近く事実上の放置状態にあったことが分かった。韓国・ニューシスなどが伝えた。

同本部によると、感染が確認された43歳の男性は今月18日に自宅近くの医療機関を訪れた際、すでに37.5度を超える熱があったが、21日になって再度診察を受けた時に初めてジカ熱感染が疑われる患者として検査が始められた。

同本部は先月14日、ジカ熱が発生している国を2週間以内に訪れた人に37.5度以上の発熱や関節痛、頭痛などの症状がみられた場合、感染の疑いがある患者として分類し保健所への通報を行うなどの診断基準を発表している。男性は先月から今月9日まで22日間にわたってブラジルに滞在歴があるため、指針に従えば、最初に医療機関を訪れた時に当然ジカ熱感染が疑われるべきだった。しかし18日、男性は一通りの診察を受けて帰宅、2日後に筋肉痛や発疹の症状が出た。

指針に従わなかった医療機関の対応について、鄭ギ碩(チョン・ギソク)疾病管理本部長は「(ジカ熱患者を)逃したというよりは慎重に判断した結果だ」と擁護、「熱が出て多少の筋肉痛があるからといってみんなジカ熱を疑っていたら混乱につながる恐れもある」と苦しい釈明をしている。

これについて、韓国のネットユーザーからは厳しい声が多数寄せられた。

「ブラジルに行ったと話してもそのまま帰宅させるとは。その医療機関の責任者を処罰すべきだ」
「疑われるなら届け出ないと駄目だろう。またMERS(中東呼吸器症候群)みたいになるぞ!」
「MERSのようにだけはなってほしくない。マジで」

「まだMERSからそんなにたってないのに」
「今回はちゃんと病院名を公開して」
「韓国人ほど感染症に無知な人間はいないね」
「あれだけ(感染地域に)行くなと言っても必ず行くやつはいるし、結局は感染して他人に迷惑を掛ける。あきれるよ」

「いったいどうやったら、建国以来いまだにこんな状態が続くことになるのやら」
「リオデジャネイロ五輪には必ず選手を派遣しないと駄目なのかな?もちろん選手は努力を重ねてその日を待ってるんだろうけど…」
「疾病管理本部長の発言こそが『混乱』してる」
「ちゃんと対処してるところを見てみたい」(翻訳・編集/吉金)